「株式会社ほんとうのこと」の由来と意味について

ほんとうのこと… 一度名前を聞いただけでは、
一体どんな会社なのか分かりづらいですよね(我ながら)。
実際、初めてお会いしたお客様から「どういう意味なんですか?」と聞かれたりします。

ですのでこの記事では、名前の由来をご紹介するのとあわせて、

製造業向けの人材・組織づくりの事業を始めるまでのエピソード、
事業に懸ける想いをお伝えさせていただければと思います。

「ほんとうのこと」ってなに?

先に結論を申し上げてしまうと、
「自分の信念と情熱に従うこと」を指しています。
もう少し具体的に言うと

・業界の慣習やこれまでの社風、既成概念に縛られない自由な発想と行動を取る。
・目標のために忖度なしで全力を尽くす。
・物事をありのままに見て、キチンと受け止める。自分に言い訳しない。人のせいにしない。
・やりたいことをやる(やりたくないことは…相談しよう)、まずはやってみる。

といった感じです。
なんとなくイメージ付きますでしょうか?

ここからは、なぜそう思うに至ったのか。なぜそう名付け、今の事業を始めたのか…といったお話をしていければと思っています。

新入社員時代の「うそ」

3999c81c81a8f4bbdc617b81301a3c75学生時代バンドにのめり込んでいた私は、工場なら決まった時間に帰れてバンドやる時間が取れるんじゃないかと勝手に思い込み、
派遣社員として地元のプレス工場で溶接工として働き始めました。(トラックのシートを作っていました。)

1年くらい経ったのち、大手自動車会社でリコールが発生し、
あっさり派遣切りにあってしまいました。しかしながら、製造業の雰囲気はなんとなく好きだったので、今度は製造業の営業職として働き始めました。そこで、衝撃を受けます。

週に断れない飲み会が3~4回、二次会を断られると蹴られる(当時の私は全くお酒が飲めませんでした)。
まさに「俺の注いだ酒が飲めないのか?」という世界観。
サービス残業は当たり前、「みんなが自主的に残っているのにお前は帰るのか?」と迫られる…といった具合です。

ノホホンと好きなことに没頭して生きてきた私には衝撃的で、
「俺は、死ぬまでこのわけのわからない、筋の通らない嘘だらけの世界の中で生きていかないといけないのか、大人になるってこういうことなのか…」と絶望しました。
b39366766680feb85fca34a61d591c9f

コンプライアンスの問題で、最近はさすがにここまでの仕打ちはないにしても、
例えば、

・顧客状況や業界動向を無視した、一方的な売り上げ目標を指示。指示を受けた部長が、盲目的に部下に指示、わけのわからないまま とてつもない予算を背負わされる…とか、
・上司の判断基準があいまい、個人の価値観もしくは気分でダメだしされる…とか、
・口答えを許さない社風、会社の決定には黙って従わなきゃいけない…

など、
現代の会社にも、多数の理不尽、「うそ」が眠っていると思いますし、
仕事は我慢してなんぼだ、甘えるな、残業してるやつが偉い!という昭和的な文化はまだまだ根深いと感じています。

この絶望感は、ひよっこのただの泣き言と片づけることもできますが、私にとっては今の事業を始める最初のきっかけとなっています。
社会の荒波とか、仕事の厳しさなどと言いますが、厳しいのは仕事の成果に対してだけでよくないですか?

幹部社員時代の「うそのこと」

私がいろいろな折り合いをつけながら、成果を出し、いわゆる幹部社員になったころ、
今度はもう少し大人な「うそ」が私の前に立ちはだかりました。
例えば、

・新規事業を立ち上げたい、立ち上げるべき根拠も提示しているけど
古株役員が漠然とした不安で猛反対。社長も決断力がなく風見鶏。
・提案して、やってみろと言われた事業も、
上手くいかないうちはお前のせい、立ち上がった後は俺(上司)の手柄
・業界の慣習に縛られて身動きが取れない、
自社の事業より業界内での立ち位置が大事。他社の顔色ばかり窺っている。
・既得権益をもった社員が、改善活動を妨害してくる

などです。
今思えば、周りを巻き込めなかった私の力不足ではありますが、こういったことが続いたある日、私はこう思いました。
「ここまで頑張ってきたけど、まだこんなくだらない世界の中で俺は生きているのか…」
そして、サラリーマンを辞めました。

コンサルタントの立場からの気づき

その後、取得した中小企業診断士という資格と、これまでの製造業の経験から、製造業向けの経営コンサルタントとして事業を始めました。
社長目線からでは一面的にしか会社のことをとらえられないので、私のコンサルティングでは社員さんのお話をなるべく丁寧に伺うようにしているのですが、
段々と仲良くなり本音を話してくれるようになってくると、「カネのためだから仕方ないけど…」「俺はそうじゃないと思うけど、上がそういうから…」という言葉が良く出てきました。
新入社員の時の自分の気持ちなどすっかり忘れていたのですが、ある時「あ、程度の差こそあれど、あの時の自分と同じ気持ちで働いているのか」と気づきました。

かといって、社長さんが極悪人かというと全然そんなことはないんです。社員のことも自分なりに一生懸命考えている方が多かったです。
「社長はドンと構えてすこし威厳があった方がいいのではないか」「数字の話をあまりすると理解が及ばなく、不安にさせてしまうのではないか」
「自分が出ていくと幹部社員の立つ瀬がなくなるのではないか」「厳しく管理する以外にどうしたら組織がうまく回るんだろうか」と、真剣に悩まれている方がほとんどでした。

私は、「なるほど、誰も悪くないのにどうしてこんな悲しいことになっているんだ、社長と社員の溝を何とか埋めて、みんなが楽しく前向きに働くことはできないものか、
もうあの頃の自分みたいな気持ちで働く人を増やしたくない…きっとできるはずだ。」と、考え、
これまで原価改善などを主としていた事業の方向性を大きく転換し、ほんとうのこと経営の開発、ご提供をスタートいたしました。

それ以来、社長も社員同士も、違う感性を持ちながらも、話し合いわかり合い、同じゴールを目指して楽しく働く会社づくり。
自分たちの信念と情熱に従って生きる集団の生き様=ほんとうのこと経営の実践を行ってまいりました。
お陰様で現在のところ、すべての企業様で社風・業績ともに改善効果が出ており、私自身も信念と情熱に従って生きることができています。

最後に…

以上が、製造業向けコンサルティング会社「株式会社ほんとうのこと」の由来と、事業開始までのエピソード紹介です。

いい大人が、ギャーギャー言いながら、時にはヒリヒリしながら、時にはこっそり泣きながら、高め合い、助け合って成長できて、しかも業績まで向上したら素敵だと思いませんか?
それは、実現できる未来なんです。

もしご興味がありましたら、ぜひ、「ほんとうのこと」で生きていくお手伝いをさせてください。

ものづくり高収益化コンサルタント 石山 賢

ものづくり高収益化コンサルタント 石山 賢

中小製造業にフォーカスした儲かる製造業のつくり方をお教えします。

製造業の高収益化にこだわり、カネ・モノ・ヒトを軸にした、きちんと儲かる仕組みづくりを得意としている。

高校卒業後、自動車のシート溶接の仕事に就くも1年後に景気悪化、派遣切りにあい失業。何気なく選んだ仕事だったが、ものを作り上げていく製造業に面白みを感じていたので、その後も製造業に転職。今度は営業職として勤務し、トップセールスに成長。数回の転職を経て経営管理職まで経験。組織づくり、営業責任者、原価改善、海外展開、外部企業との連携、新製品開発、経営計画作成など、現場から経営まで製造業の一連の流れを経験している。

これまで、1000人以上の製造業の社長さんとの面談の機会を得てきたが、漠然とした不安や、経営の難しさを漏らす社長さんが多いと感じていた。中でも、リーマンショックの影響を受け、やむを得ず廃業する社長さんの廃業への悔しさを直接伺い、こういった想いをする方々を減らせたら…と思ったことが今のビジネスの原点である。

その後、自己研鑽のために経営のプロと認められる国家資格の、中小企業診断士の資格を取得。経営の知識を得ることで、これまでの社長さんのお話や自分の経験と経営知識が結びつき、製造業ならではの経営の難しさと、製造業できちんと利益を出す方法の着想を得た。自分を育ててくれた製造業への恩返しがしたいと思いたち、貯金・顧客ゼロで、勢いで独立。

なんとか会社をよくしたいという思いと、それに答えてくれる社長さんや、社員の方々の協力で、支援先では2年間で売上高180%達成や1年間で原価低減50%を達成など、めざましい成果を実現してきた。

製造業への恩返し、そして、それぞれの会社の持っている、高い技術力や磨いてきた独自性、熱い想いを、きちんとビジネスの根幹である「収益」に変えていくことが自分の使命だと考え、日々奔走している。

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:090-6039-2963

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート